30代でいまだ処女 純朴な30歳有村架純似と出会い系で出会って処女を奪った話

こんにちは。
管理人の克典です。

 

今回は出会い系サイトで30歳の処女とセックスをした話をお伝えしようと思います。

 

日中はまだコートが無くても出られるが、朝晩は冷え込むようになってきた11月の中旬、僕は30歳女性の処女を奪う経験しました。

 

彼女と出会ったのはJメールという出会い系サイトでした。

 

Jメール

 

僕が出会い系サイトを始めたきっかけ

中より少し上の一般的な家庭。僕より2歳下の妻と今年高校に入学した娘との三人暮らし。

僕自身も極々普通のサラリーマンをしています。

妻との関係も良好で休みの日は二人でランチを食べに行ったり、買い物に付き合ったりしています。

 

ただ、ここ2年ほどセックスはしていないのですが…。
それ以外はとても良い関係を続けられていると思います。

 

妻とセックスレスになったのは、娘も大きくなってきて受験などもあり自然と少なくなっていったのが要因です。

 

もともと妻も淡泊な性格だったし、僕自身もガッツリ肉食系というほどでもなかったので自然流れなのかもしれません。

 

ただ、全くなくなってしまうと男としてそれはそれで支障をきたすもので…。

 

久しぶりに大学時代の友人と会った時のことです。

 

友人はバツイチで寂しい独身生活を送っているのかと思いきや、話をしていると女性に困っているということは特に感じないと話を聞きとても驚きました。

 

もちろん、それはセックスする相手…ということです。

 

「何処で知り合うんだ?」と問い詰めたところ、教えてもらったのが『出会い系サイト』でした。

 

『出会い系サイト』は名前こそ知っていましたが、あまり詳しいことも知らなかったし、何となく若い子たちが利用しているイメージが強くて、こんな中年のオヤジが…という印象でしたが、友人が勧めてくれたのもあり登録してみることに。

 

そこで知り合った女の子と関係を持つことになるとは、この時はまだ想像していませんでした。

 

自分のプロフィールを簡単に登録して数日待ちました。

 

女性の登録プロフィールも閲覧ができるので、毎日チェックをしていました。

 

男性の登録者の年齢もいろいろでしたが、登録されている女性の年齢も幅広くて僕よりも上の女性も沢山いることに驚きました。

 

友人が、気に入った女性のメッセージを見つけたら、自分からメールを出した方がいい。と言っていたので、僕も興味のある女性何人かにメールを出してみました。

 

大抵は返事が来ませんでしたが、一人の女性から返信を貰いました。

 

30歳処女と出会った奇跡

 

「30歳・独身・有里。年上の男性が好きで、一緒に食事へ行ったり、飲みに行けたら嬉しいです。相談事も話を聞いてくれる方だと嬉しいです。157/50」
という風のプロフィールだったと思います。

 

「初めまして。45歳既婚者で会社員です。僕も有里さんと同じく、食事や飲みに行ってくれる女性を探しています。まずはお友達から仲良くなれたら嬉しいです。良かったらお返事待っています」

 

 

返事を貰った内容に、しばらくはメールのやり取りを続けてから、お逢いすかどうかを考えたいので…という風な前置きがあり、1か月ほど毎日のように、日に多い時は何通もやり取りをしました。

 

「すぐに逢いましょう」というタイプではなく、慎重な雰囲気を持っているのにも好感が湧き、色々な会話をしていく内に、彼女の相談事もメールで会話するようになっていました。

 

彼女は今年30歳になったのに、男性経験がないことを悩んでいました。

 

高校・大学と女子だけの中で過ごし、職場も女性ばかりで、男性と出会う機会があまりなかったそうです。

 

付き合った経験は無くはないけれど、どうしてもそう言う雰囲気になると拒んでしまい、結果的にこの年齢まで未経験になってしまったそうです。

 

そうして、とりあえず一度食事でも…。と自然な流れで話が進み、二人で逢うことになったのです。

 

夜、仕事が終わった後に待ち合わせをすることになり、僕は少し奮発してイタリアンのお店を予約しました。

 

万が一ドタキャンされるのでは?という心配はありましたが、メールのやり取りからとても真面目そうな感じがしていたので、何かあればきちんと連絡をしてくれるだろうと思っていました。

 

念のために、僕は携帯の番号を教えておきました。

 

待ち合わせ場所に来た彼女は30歳には見えない、とても可愛らしい女性でした。

 

「こんなおじさんだけど大丈夫?」
思わずそんな言葉が出てしまうくらいです。

 

彼女照れくさそうに笑いながら、
「全然…おじさんなんかじゃないですよ~」
と言ってくれました。

 

予約したイタリアンのお店で、楽しい会話に美味しいお酒で穏やかな時間が流れました。

 

とても初対面のような感じはなく、緊張感はありましたが久しぶりにワクワクするようなドキドキするような感覚を味わった気がします。

 

2時間近くそのお店に居たのですが、お店を出た後今日は帰ろう…と僕が言うと、彼女が僕の腕を組んできて「もう少し一緒に居たいです…」と言うので、二人でそのままホテルへと向かうことになったのです。

 

何度も、いいのか確認をしましたが、良いというので…。

 

 

ラブホなんて最後にいつ行ったのか分からないくらい前のことで、僕自身もとても緊張しました。

 

部屋に入るなり、彼女は積極的に僕に抱き着いてきました。

 

今まで大事に守ってきた処女を見も知らずの僕に捧げたいという言葉にも驚きましたが、それ以上に彼女の胸の大きさに驚きました。

 

彼女の洋服を優しく丁寧に脱がせると、想像以上に巨乳で…。

 

細いのに胸が大きくて、しかも若いから肌は弾力がありとてもスベスベで気持ちが良いのです。

 

可愛らしい顔立ちに不釣り合いなくらいの体つきに、僕は興奮してしまいました。

 

「嫌だったらちゃんと言ってね…」
そう言いながら、優しくキスをしながら乳首を摘まんだり転がしたりして反応を見ました。

 

感度はとても良いようで、甘い喘ぎ声をあげながら感じています。

 

オッパイに吸い付いて、乳首を口に含むと次第に、モゾモゾと内腿を擦り合わせるような動きをさせて行きます。

 

僕は、すぐにオマンコには触れず、時間をかけてじっくりと全身を愛撫していきました。

 

処女だと聞いた時は正直、面倒だな…という風に感じましたが、純粋な感じと素直に反応する様子を見ると堪りませんね。

 

うつ伏せにさせて、背中もお尻も愛撫しました。

 

そっと、オマンコに指を這わせてみると、愛液が滴る落ちるほどに溢れていることに驚きました。

 

愛撫だけで、こんなに濡れるなんて、なんていやらしい女性なのでしょうか。

 

指を割れ目に沿って優しくなぞり上げるたけで、身体が小刻みに震わせて喘ぎ声を漏らしました。

 

「ここ…自分でも触ったりしているの?」
僕はちょっと意地悪っぽく、遠回しにオナニーをしているのか聞きました。

 

恥ずかしそうに、コクンと頷く彼女に、
「今日は僕が弄ってあげるからね」
と言い、クリトリスを優しく触れるか触れないのタッチで指を転がしました。

 

「あぁぁん…あぁ…」

 

喘ぎ声がどんどん大きくなる中、ゆっくりとオマンコの中へ指を挿入してみました。

 

「痛かったら痛いって言うんだよ」
僕はゆっくり挿入させながら言うと、オマンコから愛液がジュプジュプと音を立てるくらいに溢れていました。

 

Gスポットの辺りを指で擦ると、
「あぁ…気持ちいいですぅぅぅ」
と言うくらい喘ぎ声をあげていました。

 

「オナニーの時、指入れて感じているの?」
僕が聞くと、
「うん…入れちゃう…」
と恥ずかしそうに答えました。

 

「ペニス挿れてもいい?」

 

「挿れてください…」

 

「止めてほしかったら言うんだよ」

 

そう言うと、コンドームを被せてゆっくりとオマンコの入口を擦りながら挿入させました。

 

入口をしばらく繰り返し出したり入れたり…。

 

そうして、ゆっくりと中へ…。

 

「どう?痛くない???」

 

「大丈夫です・・・」

 

処女なだけあって、狭いのですが、思ったよりも膣壁は柔らかさがあり、ゆっくりと奥へと挿入されていきました。

 


だんだん僕の方が気持ちよく高まっていき、奥まで突き始めていました。

 

「痛くない?」

 

「…我慢できます…大丈夫…」

 

表情は少し苦痛な、眉間に皺を寄せて我慢している雰囲気はありましたが、その表情が却って私を興奮させました。

 

無理矢理しているような雰囲気もあって…。

 

だんだんオマンコの中が、僕のペニス形に馴染むように包まれている感触に我慢が出来なくなってきました。

 

「あぁぁっ…だすよっ!」
そう言うと、僕は射精してしまいました。

 

オマンコから抜くと、コンドームの中に白い精液が溜まっていました。

 

彼女が優しくゴムを外してくれました。

 

「精子の匂いって、栗の匂いと本当に似ているんですね…」

 

処女を失って、少し気持ちが晴れたからなのか、スッキリとした表情をさせていました。

 

「痛くなかった?」
そう聞くと、

 

「痛かったです…でも、大丈夫」
そう笑って答えてくれました。

 

初めての相手が僕で良かったと彼女は言ってくれました。

その後も彼女とは月に1回くらい会い、セックスをしています。

だんだん挿れられることに気持ち良さを感じ淫乱な女性になってきています。

 

 

彼女と出会った出会い系サイトはJメールという出会い系サイトです。

純粋な女性と出会いたい場合はJメール内の「メル友恋愛掲示板」で探すと純粋な女性を探すことができます。

 

 

真面目な恋愛から入りたい人は「メル友募集」から探していくといいですね。

 

すぐにセックスできる女性を探したい場合は「アダルト掲示板」で探すとすぐに見つかります。

 

Jメールの登録はこちら

Jメールは登録無料です。
登録すると1000円分のポイントがもらえるのでそれで結構遊べます。

 

 

【厳選】僕のオススメ出会い系サイトTOP3
僕が厳選したオススメ出会い系サイトをまとめました。
この3つの出会い系サイトを利用すれば間違いなく熟女と出会ってセックスできます。
 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初めての出会い系不倫 56歳の五十路熟女とセックスした体験談

38歳の三十路熟女と不倫体験 ワクワクメールの評判は良いのか?使ってみた感想

45歳人妻と不倫セックス体験 旦那とご無沙汰の淫乱熟女にバックで子宮を突きまくっ...

五十路熟女体験 出会い系で出会った50歳の熟女とチャットオナニーした体験談

50歳熟女高岡早紀似の美熟女にお風呂で中出しした体験談 旦那しか知らない五十路熟...

45歳熟女体験 出会い系で出会ったエステサロン女経営者とセックス 黒木瞳似の四十...