60歳熟女とセックス体験 六十路熟女おばあちゃんとセックス 閉経した子宮に中出ししました

こんにちは。
管理人の克典です。

僕は20代半ばで結婚をして、真面目な夫、真面目な父を20年送ってきて、仕事も子育ても一段落、気が付くと妻とは『家族』となっていました。

 

もちろん仲が悪いわけではないけれど、良い意味でも悪い意味でも空気のような存在。

 

お互いあまり干渉もせず、関心がないといえばそれまでではありますが、子供の手が離れた今、自分の存在価値のようなものに考えてしまうこともあります・・・・・・。

 

そんな時、手を出してしまった『出会い系』ですが、初めて逢った「京子さん」の他にも同時進行的にメールで連絡を取っていた方とお逢いしました。

 

京子さんとの体験談はこちら

 

一度逢ってしまうと不思議なもので、あまり抵抗が無くなり、一気にハードルが下がる自分がいます。

 

次に逢った方は私よりも15歳年上の方。「京子さん」はほぼ同世代でしたが、次の方は私より一回り以上年上の『おばあちゃん』系でした。

 

もともと年上の女性は好きでしたので、メールでは落ち着きもあり紳士的な言葉遣いにドキドキさせられていました。

 

一回り以上離れているとさすがに、ガツガツ感もないし落ち着いて色んな話もできます。

 

やはり、エッチな話が中心のメールではありますが、何でも隠す必要がないというか、この年齢にもなって・・・的なことでも素直に話せるのが不思議でした。

 

そんな大人の魅力溢れた女性と、一人目の「京子さん」と逢った1週間後、たまたま妻が旅行で留守という時を狙ってお逢いすることになりました。

 

このおばあちゃんは還暦を迎えておりましたが、見た目は若くとても60には見えませんでした。おばあちゃんというか上品なおばさまという感じです。

 

髪は綺麗な黒で、60歳には見えません。とても素敵なオシャレなおばさまという雰囲気がありました。

 

顔立ちもパッチリとした二重で可愛らしい雰囲気。年上の女性ですが可愛い感じのおばさまでした。

 

ニコニコと笑顔が癒し系でした。

 

駅前のカフェで待ち合わせをした僕たちは、しばらくコーヒーを飲みながらお喋りをしていました。

 

あまりお客さんが居ない店内だったので、なんとなく気楽で、また、男性慣れをしているらしく、僕を緊張させないような会話をしてくれるのがとても良かったです。

 

僕も比較的リラックスしながら話せていたと思います。

 

ラブホへ

カフェを出るとすぐ二人でラブホ街へ移動です。

なんだか自然な流れで二人手を繋いで、歩いて向かいました。

 

ちょっとオシャレな雰囲気のラブホで、部屋もゆったりして居ました。

 

その後エッチな雰囲気が流れます。

 

僕は60歳の女性とこのような関係になるのは初めてです。僕より15歳も年上のおばさまとこんな関係になってすごくドキドキしていました。

 

僕の母親より少し若いくらいです。そんな年上の女性とセックスをすると思うととても興奮します。

 

そして初めて60歳の熟女とキスをしました。
そのキスはとてもいやらしく舌を巻きつけてきます。

 

枯れた声がまた興奮を誘います。

おばさんはスカートの上から僕の手を押し付けさせました。

 

『どうなってる?』

『すごい!濡れてます!』

『こんなに濡れたの久しぶりよ』

 

 

60歳、還暦・・・ということで、正直「あそこは濡れるのかな?」と心配していましたが、その心配は不要でした。

 

 

60歳のおばあちゃんもすごく濡れることがわかりました。しかも超ビチョビチョに。

『ねえ。挿れたい?』

『はい・・・・・・もう挿れたいです』

『どこになにを挿れたいの?』

『オマンコに・・・・・・。僕のおちんちんを入れたいです・・・・・・』

 

 

おばあちゃんは僕を弄ぶようにクスクスと笑っていやらしいことを言ってきます。

 

 

僕のペニスはぎちぎちに疼いているのが分かりました。

 

 

亀頭はギンギンになり、先端から我慢汁が溢れだしているのがよく分かります。

 

 

でも、おばさまはそんな今すぐにでも挿れたいのになかなか挿れさせてくれません。

彼女はひたすら僕の全身の愛撫します。

身元、首筋、鎖骨、胸元、脇の下、乳首、お腹、内腿、背中、腰回り、お尻、足の指、金玉、アナル、ペニス・・・・・・。

 

 

60歳の熟女は丁寧に僕の体を舐め回してくれました。

 

 

そして、耳元で

『挿れていいわよ』と言うと、僕は一気にガチガチになったペニスを彼女の秘部に挿し込みました。

 

 

 

熱く、柔らかい・・・・・・。僕のペニスを包み込むように彼女の秘部が僕のペニスを咥え込みます。

 

 

『あぁっ・・・、そこ・・・気持ちいいの・・・・・・。もっとして・・・・・・』

彼女は久しぶりのペニスを感じ、びっくりするくらい大きな声で喘ぎます。

 

 

はぁはぁと荒い息遣い。

彼女は僕の上に乗り、騎乗位で挿入しました。

 

 

十数年ぶりのセックスだったようで、彼女は痙攣するかのように感じています。まるで動物のように喘ぎました。

 

 

彼女はしたないくらい腰を動かして、僕のペニスを愛撫します。

「こんなのすごい!若いおちんちんすごい!」

「もっと奥まで挿れて!もっと子宮を突いて!」

 

熟女は若さを取り戻したように女になっていたのです。

 

 

僕は彼女の垂れ切った胸にある乳首を摘まみ上げて乳首責めもしました。

「いやー!引っ張らないで!乳首そんなにしちゃだめー!」

彼女は何度も昇天し、最後は僕も彼女の中で射精します。
60歳の女性は流石に閉経しており妊娠することはありません。

彼女の奥深くでドロっとした濃い精子を出し切りました。

その後、ホテルを出てサヨナラをしました。

 

こんなに60歳の女性が良いなんて思いませんでした。
60歳の六十路熟女とはいつかセックスしてみたいなと思っていましたが、その夢が叶った夜でした。

 

今回利用して出会い系サイトはJメールです。
僕のオススメの出会い系サイトはこちらにまとめたので是非参考にしてみてください。

 
【厳選】僕のオススメ出会い系サイトランキングTOP3
 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

45歳人妻と不倫セックス体験 旦那とご無沙汰の淫乱熟女にバックで子宮を突きまくっ...

35歳人妻体験談 4Pスワッピング体験 巨乳の人妻と濃厚なセックスをした

五十路熟女とセックス 50歳石田ゆり子似の美熟女と出会い系で出会って中出しした体...

45歳熟女体験 出会い系で出会ったエステサロン女経営者とセックス 黒木瞳似の四十...

38歳の三十路熟女と不倫体験 ワクワクメールの評判は良いのか?使ってみた感想

NO IMAGE

50歳熟女とお泊まりデート 出会い系サイトで出会った五十路人妻熟女とのセックスレ...