60歳のおばあちゃんとセックス 中出ししまくり 六十路熟女の子宮を壊しました

こんにちは。
管理人の克典です。

 

僕の初めての不倫体験はこちら

 

出会い系サイトの使い方も慣れ、不倫にも抵抗がなくなってきた僕。

 

しばらく放置していた出会い系サイト。

 

しばらくぶりにサイトへチェックしてみると、メールが届いていました。

ちなみに僕が利用している出会い系サイトはこちらです。
ここで紹介している出会い系だけを利用していれば間違いなく熟女と出会えます。

【厳選】僕のオススメ出会い系サイトTOP3

 

何度か連絡を取ってそのままになってしまった方やお逢いして連絡を取り続けている女性、新しい方々・・・。

 

久しぶりに、バイブ好きのおばさまからメールがたくさん溜まっていました。

 

懐かしさと久しぶりで返信。

返信するととても嬉しそうなお返事が届きました。

 

メールには、「克典さんとまたバイブプレイをしたいよ♡」と書かれてありました。

60の還暦を過ぎてもとても元気で、色欲への探究心があるおばさまです。

 

お金持ちで品のある60歳のおばさま。
今の熟女は若いし綺麗な人が多いです。

 

 

時間も取れる日を選び、飲みに行きましょう!ということになりました。

 

 

以前プレゼントしてもらった、バイブとディルトを持って。

 

 

大分涼しくなってきていたので、ワイシャツで行きました。だんだん夏も近づいています。

 

秋葉原の待ち合わせ場所に着き、ガラスに映る自分の姿をチェックします。不思議なんですが、出会い系サイトを利用してからかっこよくなった気がするんです。

 

 

女性にモテようと思う気持ちが僕の身だしなみを良くしてくれるようです。恋をするとカッコよくなる言いますがやっぱり出会い系はいいですね。

 

ドキドキしながら、彼女が来るのを待ちました。

『お久しぶりです!』

 

『克典さん、なかなかメールくれないから、もう、いい人出来ちゃったの?』

 

『そんなこと全然ないですよ!仕事が忙しくて、チェックが出来なくて』
そんな風に誤魔化して笑って言いました。

 

『あ〜良かった。てっきり、他に彼女出来ちゃったかと。60のおばさんなんてやっぱり相手にしてもらえないのかなぁ。なんて心配したのよ』

色々つまみ食いは随分していたことは秘密です。

ニコニコしながら、おばさまの腕をギュッと挟みました。

『会えて嬉しいです!』

ととびきりの笑顔をしたら、イチコロのように、メロメロの表情をしてくれました。

 

 

秋葉原の居酒屋でお酒を楽しみ、嬉しそうにしているおばさんとラブホテルへ向かいました。

昭和っぽい昔ながらの居酒屋に行きました。
こういう店はなんか落ち着きますね。

 

 

ラブホの部屋へ入るなり、僕は彼女を後ろから抱き寄せて、洋服の上から乳首を探し当てると、指先でクリクリと円を描くように刺激をさせます。
そうするとますます突起が分かるようにしました。

 

『千鶴子さん、嬉しいなぁ・・・また乳首を虐められるよ』
60歳のおばさんですがそこまでおっぱいは垂れていなくて綺麗な乳首です。

 

 

お金持ちのおばさんなのでメンテナンスもしているようです。
お金持ちなので居酒屋もホテルも彼女が出してくれます。

 

 

それから服をめくりあげて乳房を露わにさせます。

 

そう言いながらも乳首の先を刺激し続ける僕は、
すっかりいつものいやらしい僕になっていました。

 

やっぱり年上の女性。六十路熟女とのセックスは興奮してしまいます。

『あぁっ・・・だめ、そんなに弄っちゃ・・・』

腰がクネクネ動き出す千鶴子さん。

 

千鶴子さんがこんなにイヤらしくなっているなんて旦那さんは知らないでしょうね。それを思うと興奮します。

 

 

ピタリと僕のペニスをくっつけて僕の興奮度を彼女に伝えます。

『千鶴子さん、すごく淫乱だなぁ』
僕は千鶴子さんを鏡の前に連れて行きました。

 

 

『自分の姿良く見てごらん。いやらしい自分の表情も良く見てごらん・・・なんていやらしいんだ!』

すっかり、蕩けた表情の千鶴子さんが鏡の前に居ます。

 

 

この甘美で淫欲に蕩けたこの時間が堪らなくて、止められそうにありません。

 

 

千鶴子さんの脚を置いてあった椅子に載せると、パンティーに指を彼女の股間へと擦るように弄りました。

 

千鶴子さんのアソコはジットリと既に濡れています。
60歳の熟女もこんなに濡れるんだなとびっくりです。

 

僕はパンティの奥深くへと吸い込み、潜り込みました。
指先で割れ目を弄り、なぞるとさらに千鶴子さんの腰が動きました。

『あはぁぁぁん・・・』

千鶴子さんの身体を知り尽くしている僕は、反応を見ながら指を動かし、反対側の指は乳首を潰すように摘まみあげます。

 

割れ目をなぞっていた指がクリトリスの辺りを弄り出し、乳首と両方の刺激で千鶴子さんはイッてしまいました。

 

『いいねぇ・・・凄い』

ビクビクと痙攣している千鶴子さん。彼女の洋服をゆっくり脱がし、全裸させました。

 

 

今度は千鶴子さんが僕の体を舐めてくれます。

 

 

『あぁ・・・いやらしいくていいよ!たまらないな・・・』

いやらしい手つきで身体をまさぐるように弄られ、いっぱい感じさせられました。

『千鶴子さん、フェラして』

大きくなって反応しているペニスを彼女の頬をペタペタとつけてきます。

 

 

先からは我慢汁が垂れて糸が引いていました。

チュパチュパチュパ・・・

 

40代になってアレの元気が失われているように感じましたが、充分すぎるくらい大きく反応してくれます。妻とのセックスではこんなになることはありませんでしたが、出会い系で熟女とセックスしてから本当に元気になりました。

 

やっぱり僕は熟女が好きなようです。

 

時々、吸引するように舐められると、
『ダメダメ・・・千鶴子さん出ちゃうよ!』
と言って、あんまり激しくはフェラしてもらいませんでした。

 

千鶴子さんの中で出したいので、口の中での射精はやめておきました。

『やっぱり、千鶴子さんの中で気持ちよくなりたいから・・・』

 

ちょっとだけフェラをしてもらったあとは、大きくなったところで騎乗位でゆっくりと中へ沈めました。

 

ゆっくりと腰を前後にさせて擦り付けます。

『あぁっ・・・気持ちいいぃ・・・』

千鶴子さんも思わず声に出ちゃいます。

 

 

やっぱり、中に入れて騎乗位の体勢は彼女にとっても気持ちよくて、中の気持ちいい場所を自分で動かすことができるので好きみたいです。

 

少しずつ、激しく腰を動かすと、身体を反る体勢になって没頭して気持ちいい所を探っているようです。

 

クチュクチュクチュ・・・ヌチャヌチャ・・・

愛液の卑猥な音が聞こえました。

 

 

『あっ、、、だめよっ・・・締まってる!!』

僕がそう言うと、千鶴子さんの中から抜きました。

『出るっ!』

『えっ?もう逝っちゃうの?』

あんまり気持ちよかったので、僕は彼女の中でドピュッと射精してしまいました。

『うわぁ、、、出しちゃったよぉ、、、、』

久しぶりの熟女で僕のペニスは限界を迎えてしまいました。
おばさんとのセックスは興奮してしまいます。

 

 

出ちゃったペニスをお掃除フェラをしてもらいました。

 

 

お掃除フェラも上手なおばさまです。

 

 

キレイに吸って舐めて綺麗にしてもらいました。

 

 

結局、この日は、射精が早かったので早めに終わってしまいたが、僕的には満足です。

 

 

帰る時間も予定よりも早かったので、早めに駅で別れました。

 

 

『メール忘れたらダメよ!また会うんだからね!』

『うん!また連絡入れますね!』

そういって彼女と駅で別れました。

 

 

チンコも欲求も満足して家路に着きました。

 

 

このおばさまと出会った出会い系サイトはJメールです。
Jメールは綺麗な人妻や熟女が多いですね。ライバルも少ないのでスゴく出会いやすいです。

Jメールはオススメですよ。

僕のオススメの出会い系サイトはこちらにまとめました。
熟女と出会いたい方は是非利用してみてください。確実に出会えます。

【厳選】僕のオススメ出会い系サイトランキングTOP3

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

45歳熟女体験 出会い系で出会ったエステサロン女経営者とセックス 黒木瞳似の四十...

50歳熟女高岡早紀似の美熟女にお風呂で中出しした体験談 旦那しか知らない五十路熟...

60歳熟女とセックス体験 六十路熟女おばあちゃんとセックス 閉経した子宮に中出し...

出会い系で出会った五十路熟女とカーセックス 50歳熟女口マンコに射精 僕の精子を...

50代熟女 閉経した五十路熟女に中出しした体験談 おばあちゃんとセックス

五十路熟女とセックス 50歳石田ゆり子似の美熟女と出会い系で出会って中出しした体...