五十路熟女体験 出会い系で出会った50歳の熟女とチャットオナニーした体験談

こんにちは。
管理人の克典です。

夢のような、3日間の独身のような日々が終わり、非日常的生活から現実に引き戻されまた通常生活が戻ってきました。

 

そして、長い娘の夏休みも終わり学校もまたスタート。
まだ、夏の残暑が残りますが、9月に入りました。

 

夏の疲れが残っているせいか、なんにもする気が起こらず、部屋の片付けを済ませた後、ダラダラとソファーに転がって、メールチェックをしていました。

 

朝のメールチェックは、女性からたくさんくる『おはよう』メールが届いています。

 

2日連続でお逢いした方からもエステサロン経営者の美熟女玩具好きの60歳のおばさま・・・
と今まで会った熟女たちからも届いていて、こちらからも『おはよう』メールを送っていました。

 

新しいメールも何通か届いています。

 
【厳選】僕のオススメ出会い系サイトランキングTOP3
 

あまりノリ気じゃなかったけど、最近はフェードアウトしてしまって連絡もそれっきり・・・になってしまい、コンスタントに連絡を取り合っている方も少なくなっているのもあって、返信をしました。

 

 

OVER40のサイトの女性。熟女、人妻。僕の好みの女性ばかりです。

 

 

一人は同じ45歳と言っている四十路熟女。もう一人は50過ぎの五十路熟女。

50過ぎの女性は既婚者でした。

 

 

バツイチの女性は、独り身だからか露骨なエッチな会話をガンガンしてくるような人。

離婚して8年くらい経っているとかで付き合っていた彼とも別れて2年と言っていました。

エッチな話をガンガン遠慮なくしてくる方には、逢う目的というより、メールで話をして解消するという方が強いかなと感じます。

 

やっぱり、『逢う』目的を考えるとちょっと怖さもあるので。ガンガンくる女性は少し抵抗があります。

 

でも、その代わりやっぱりエッチな話がストレートに出来る女性だと、あまり自分を作ることもしなくても良い点や、気楽に何でも質問もできるし、答えることもできる。何より、素性が分からないということが気楽な点でもありました。

 

その気も無い時にエロいメールがガンガン来られるとちょっとタジタジな部分もありますがその辺はご愛敬で対応(笑)

 

時々、メールをやり取りしながら、オナニーをしちゃったり・・・なんてこともありました。

 

相手の方と最初はサイト内でのやり取りですが、段々仲良くなるとサイトからのメールのやり取りが面倒になるので、フリーメールでのやり取りに切り替わるので、そうすると、相手のエッチ画像とか送られてきたりなんてことも多々あるので・・・

 

どうしてもエッチな会話をしていると、お互い一緒にオナニー・・・なんてことになってしまいますね。そこが出会い系サイトのいいところです。

 

エロチャットだとオナニーするにも金が取られてしまいます。出会い系サイトは仲良くなるとタダで相互オナニー出来るのがいいところです。

 

とりあえず、お互い時間空いた夜中なんかのオナ友みたいな感じでキープ。

 

50過ぎの五十路熟女とちょっと温めながら、自分を作りながら、メールのやり取りを始めていました。

 

50過ぎの五十路熟女は、仮名かもしれませんが、うちの妻と同じ名前でした(汗)

 

一瞬まさか・・・とも思いましたが、違う様子。

 

相手の方には言いませんでしたが、一瞬聞いたときにはドキリとしてしまいました。

 

今は都内に住んでいるようですが、もともとは新潟の方のようです。

 

あまり地元の話をしてくれませんでしたが(身バレを恐れて?)、今の生活の様子なんかは話してくれました。

 

都内に引っ越して丁度丸2年らしく、あと2~3年はこっちに居ると思う・・・とのことです。

 

彼女のお子さんも随分大きくなって、大学生とのこと。子育てはひと段落するとやっぱり恋愛がしたくなるようです。

 

『50過ぎなんだけど、性欲がおさまらなくって、、、こんな女性って嫌よね?克典さんは如何ですか?』

 

普段は、日常的な話が多いメールのやり取りですが、たぶん、人恋しい時なのでしょうか、時折鋭いくらいのエッチなことを話してくることがありました。

 

『僕も、40代になってから以外にも少しずつ性欲が強まって、45歳になったら更に強まってる感じがします・・・』

 

『ホントに、奥様とはしてないの?したがらないの?奥様は??』

『もともと結婚前のお付き合いから、淡泊な方だったので、子供が出来たら急激に少なくなって・・・子供の成長と共にフェードアウトという感じなんです』

 

『えーーーーー!!勿体ない!』

この50過ぎの五十路熟女さんにははっきりピントが合っていない(わざと)写真を送っているので、雰囲気の感じからだと思うのですが、そう言ってくれました。

 

実際に僕を見たら「あれ?見当違いだった」と言われそうです。
ボケた写真だと僕「イイ男」に写っているようです(笑)

 

『克典さんみたいに、イイ男性だったら私だったら、毎晩襲っちゃうのに!』

『でも、家族になっちゃうと、そういう気分もわかないんじゃないですか?』

『克典さんは性欲をどうしているの?』

『えーーー!それはーーー』
ちょっとはぐらかしてみたり・・・、

やっぱり「自分で処理しています」というのは恥ずかしいものです。

メールをすぐに返信しなかったり・・・。と焦らしながらメール楽しいです。

『私は、自分でしちゃってます・・・(悲)』
と彼女。

本当に隠さない人です。

 

 

『克典さんは風俗とかは行くの?』
と聞かれ、

 

『出会い系なんて登録しているのに、風俗ってなるとちょっとダメなんです・・・あくまでもあの人達はプロでしょ?仕事・・・としてやっているわけだし』
と僕が返しました。

風俗ではやっぱり満足できないんですよね。プロの人に流れ作業みたいに処理されるのはやっぱり嫌で。

 

 

出会い系サイトだとセフレだけどどこか愛がある感じです。僕だけを見てくれているというのが出会い系サイトのいいところです。

 

そんなこんなで、この50過ぎの五十路熟女さんとは、ほぼ毎晩、夜中にお喋りする日々が続きました。

 

そしてある夜、初めて電話で話すことになりました。

それも、カメラを繋げて・・・。

 

 

最初は、声だけでカメラを繋げていなかったのですが、どんな感じの方なのか?という話になった時に、
『私もカメラ映すので、克典さんも映してくれませんか?』
という話に・・・。

どうしようかかなり迷ったのですが、ちょっとだけなら。ということで、お互い繋ぐことになりました。

 

実際逢っているワケじゃないのに、それとはまた違った緊張感があるというか、恥ずかしさもあるというか・・・。

 

はっきり見られると恥ずかしいので、部屋を少し暗くして、よくわからないようにしました。

『うわぁ、克典さん、写真で見た時も可愛いと思ったけど、やっぱり可愛いね!』
とちょっと興奮した雰囲気が伝わります。

 

『え?可愛い?僕・・・45歳ですよ。かなりおじさんに見えるでしょ(汗)』
可愛いと言われる歳ではありませんが、まぁ言われて嫌な言葉ではありません。

そして50過ぎの五十路熟女さんはとても綺麗な人でした。

 

 

顔を見て、名前が妻と同じだったので、違うとは分かっていても顔を見るまでドキドキで、違うコトが分かると妙にホッとしました。

芸能人でいうと高岡早紀似の美人さんです。

髪は長く、少しぽっちゃりしていますが綺麗な感じです。

 

 

パッチリとした二重瞼で若いころは結構かわいい系だったんじゃないか?と思うような顔立ちをしている方でした。

 

 

ちょっとポチャっとした雰囲気で、可愛らしい感じ。表情を見て会話すると、緊張はしていたけれど、何となく和む感じがしました。距離感が一気に縮む感じ?

 

 

その内、会話は少しずつエッチな会話へ・・・。

『多佳子さんの下着姿見たみたいな・・・』とか『ちょっとだけチラッとしてみて?!』とか。

僕もだんだんエロいスイッチが入ってきました。

『やだぁ!恥ずかしいよぉ』
という彼女。

 

 

『多佳子さんの可愛い声で、僕の反応しちゃっているよ!』
と言い、ますますドキドキ・・・。変態オヤジになってきた僕です。

二人でカメラ越しに会話をしながら、ドキドキと興奮して昂っているのが分かりました。
『多佳子さん、最近いつオナニーしたの?』

『1週間くらい前かな』

『じゃあ、そろそろしたくなるでしょ?』

生理前らしく、こんな会話をしていると疼くようです。

 

 

彼女はお風呂上りでノーブラだったこともあり、乳首の先が硬くなってきていることも感じていました。

 

エッチな会話になればなるほど、身体が火照り出して止まらなくなっているようです。

『ちょっと触ってよ!僕も一緒に弄るから!』

『うわぁ、いやらしい・・・お互い見ながらするってこと?』

『そうだよ!その内、本物の多佳子さんを目の前で一緒にしたりして・・・』

ウズウズさせながら、二人で大胆になりながら、カメラ越しでエッチな会話を楽しみました。

 

 

家族が寝静まった夜中にコソコソとしている会話にも興奮しました。

 

 

結局、この日はカメラで繋いだだけでしたが、会話が終わった後そのままオナニーして気持ち良くなってから眠りにつきました。

 

 

朝、『おはよう』メールに、あの後しちゃった!という内容を書きました。

『多佳子さんもした?』
という内容に、『秘密』との返事。

『じゃぁ、次は一緒にしようね!』と積極的な僕がいます・・・(笑)

それから数日後にまたカメラ越しでの会話。

 

 

本当は、彼女はその日に逢いたいと考えていたようですが、僕の都合がよくなかったので、結局カメラ越しでのお喋りです。

 

 

誰も居ないリビングで、ソファーに横になりながらの会話。

『やっぱり可愛いなぁ~!』
カメラ越しに手を振りながら、声を掛ける僕。

 

 

『今日の洋服可愛いですね~!下はどーなってるんですか??』
この間の続きと言わんばかりのエロ話です。

前回より輪をかけてちょっぴりストレートにガンガン責めます。

 

 

この間は夜だったし、コソコソだったし、暗い中というのもあって、少し控えめでしたが、今日は誰も居ないのもあってお互いに(特に僕)は解放的です。

 

 

この間はチラ見せはなかったけど、ちょっとだけ・・・と言って、見せてくれました。

『ブラだけ抜いてよ!』

そんな提案をして、彼女はノーブラ状態に。

白のシャツだと、しっかりボッチが見えてとってもエロティックな雰囲気です。

『ちょっとシャツの上から弄ってみて』

スマホをテーブルの上に置いて、両方の手で触りながらお喋り。

 

段々、お互いにエッチ気分に乗ってきて、向こうもカメラ越しに下着姿になっていました。

 

下半身を手でさすっているので、彼女のアソコの割れ目もしっかりと確認できます。

『シャツめくって、見せて。見せたくなってるでしょ』

『じゃぁ、そっちも見せてくれたら、見せてもいいよ』

先に見せたのは僕の方です。大きくなったペニスが上を向いて大きくなっていました。

『凄い!いやらしい~~~』

 

糸を引いている様子を指に付けて、アップで見せてました。完全に変態ですが、お互いにそういうのを求めているので許される変態行為です。

『多佳子さんのエッチな姿、もっと見せて』

彼女も興奮してしまって、シャツをめくりあげて見せてくれました。

『綺麗な色白のおっぱいだね!形も素敵だね・・・あぁ・・・しゃぶりつきたい!』

僕はシコシコと触る様子を見せながら、乳首を弄ってオナニー姿を見せてもらいました。

 

 

だんだんと息遣いが荒くなってきて、リアルに感じている姿が見えて、こんな形の相互オナニーも感じるんだと実感・・・。

 

 

最後のイクとこもしっかり見せてもらいました。

 

 

僕も、いつものオナニー以上に興奮してしまって、我慢汁が物凄く溢れて、いつもより大量の精子が出ました。

 

 

『今度は一緒にね・・・』
そう言って、この日のチャットオナニーは終わりました。

 

 

出会い系サイトは実際に会ってセックスするのもいいのですが、チャットで相互オナニーするのもオススメです。

 

 

遠方の人とはなかなか会えないのでそういう場合はスカイプなどを使ってオナニーするのもアリだなって思いました。

 

 

出会い系サイトは色々な使い方がありますね!

 

僕のオススメの出会い系サイトはこちらにまとめました。
この3つの出会い系を使えば確実に出会えます。
特に40代、50代、60代の熟女は質が良く綺麗な人が多い印象です。

熟女好きな男性にぜひオススメしたい出会い系サイトです。

【厳選】僕のオススメ出会い系サイトランキングTOP3

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

45歳人妻と不倫セックス体験 旦那とご無沙汰の淫乱熟女にバックで子宮を突きまくっ...

35歳人妻体験談 4Pスワッピング体験 巨乳の人妻と濃厚なセックスをした

50代熟女 閉経した五十路熟女に中出しした体験談 おばあちゃんとセックス

60歳のおばあちゃんとセックス 中出ししまくり 六十路熟女の子宮を壊しました

50歳熟女高岡早紀似の美熟女にお風呂で中出しした体験談 旦那しか知らない五十路熟...

出会い系サイトで出会った50代女教師とセックス 欲求不満の淫乱すぎる先生